森と太陽とキャッツの教室
いろんな出来事があるもんだ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリーアントワネット
マリーアントワネットがルイ16世と
初めて会うまではもらった肖像画をみて
想像していたんですよね・・・・
しかもその肖像画はハンサムに描いてあったはずだから
きっと初めてあったときはちょっと
残念だったかもしれないですよね・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
7月5日(木)PM12:00 Petit Trianon 大会食の間 ルイ15世が寵妃ポンパドゥール夫人と過ごす私的な館として建てた。 その後、1867年にナポレオン3世の妃ウージェニー皇后が、 マリー・アントワネットを偲ぶ美術館としてゆかりの品々を展示。 『お供の部屋』 真ん中...
2008/10/07(火) 22:19:31 | ちょっとした幸せ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。